新しく家族が増えました
0
    長女は小さい頃から動物好きで、3歳の頃には、犬を飼いたいとねだっていた。

    妻は、自分で世話が出来るまでは我慢しなさい!と..... 10歳で飼ってもいいと約束

    その約束の10歳を今月迎え、長女の念願であった柴犬の赤ちゃんを私と父とでプレゼント、とうとう犬を飼うことになりました。

    先週から犬小屋を作り


    念願であった柴犬の仔犬を昨日、ブリーダーさんのところにもらいに行きました。



    子どもたちも大喜び!
    ほんと、カワイイ です!



    しつけ、世話は全て子どもたちで!

    これから、このカワイイ仔犬と共に、楽しいこと、悲しいこと、いろいろなことを学びながら、子どもたちも成長して生くんだろうと思います!

    ちなみに、名前は長女が付けました。
    Cocoaです!
    被災地ボランティアに行って・・現状と感じたこと!
    0
      短い期間でしたが、被災地ボランティアから無事に帰ってきました!

      今回の目的は、ボランティア作業はもちろんのこと、子供たちから預かったメッセージを届けること、そして目で見て行動して肌で感じた事、現状を伝えること!

      東京まで飛行機で、東京からレンタカーで宮城にむかいました。

      岩沼市のボラ協さんと連絡をとってたこともあり、そちらへ向かいましたが、なんとGWという
      こともあり予想はしてましたがかなりのボランティアの人、人、人
      岩沼市

      こんなに多くのボランティアの方が自分の時間を使って集まってこられる、日本人は本当に素晴らしいと改めて感じました。

      結局は、登録もできそうになく(ちょっと落ち込みながら・・)
      限られた時間、並ぶ時間ももったいないので・・・

      子供たちから預かったメッセージを、なるべく多くの被災された方に届けたい、ということ
      で石巻市の避難所まで車を走らせました。

      石巻市の蛇田中学校の体育館には、約800人の避難された方たち、悲しみやストレス、疲れ、なんとも言葉が出てきません!

      大野木場小学校メッセージ大野木場小学校の子供たちからメッセージ)


      深江幼稚園メッせージ
                      (深江幼稚園の子供たちからのメッセージ)

      子供たちのメッセージ、必ず被災者の皆さまの勇気になるでしょう!

      それから、少し車を走らせ、

      被災地3ここに本文を記入してください。
      被災地2ここに本文を記入してください。
      被災地1ここに本文を記入してください。

      画面を通しては見てましたが、現実を見ると・・自然の脅威に言葉を失います!

      現場を見ると団体を通してのボランティアに参加はできませんでしたが、やることは沢山あることに気づかされます。
      (結局、ボランティアの方が多く、作業場所まで運ぶバスの手配など受入側が対応できていない状態です。また受入は、民家など作業をお願いされた方と、ボランティアの方をマッチングして作業場所を手配されていますので、それ以外の所は、まだまだ瓦礫の山です。)

      ボランティアは自己完結型(食事から宿泊手配から、移動から)
      私たちはレンタカーを借りてたし、移動もできます。

      ≪支持を待つのではなく、自分たちでやることを見つけ行動を起こそう≫

      ということになりました。

      石巻を流れる河川の河川敷、永遠と瓦礫が続きます。
      車に、冷蔵庫に、大黒柱まで、こんなものまで・・と思うようなものが、河川の上流まで運ばれてます。
      自然の恐ろしさをあらためて感じます。
      ここに本文を記入してください。
      作業様子ここに本文を記入してください。
      思い出の品ここに本文を記入してください。

      瓦礫の撤去をしながら、なかでも一番つらいのは、思い出の品々!

      沢山の写真や手紙などがあり、声をつまらせてしまいます!

      瓦礫の撤去は、かなりの重労働です。またいたるところに釘などがあり、手袋、安全靴は必需です。怪我された方も何人もいらっしゃるみたいです。
      ほこりもしますので、マスク、ゴーグルもあったほうがいいです。
      海の近くの作業は長靴が必要だと感じました。

      現在は、我々が思っているよりは、ぜんぜん復旧しています。お店も空いてますし、物も手に入ります。ガソリンスタンドもコンビニも、食事するところも空いていました。
      なるべくなら、現地でお金を使ったほうがいいと思います。

      ちなみに宿泊は仙台市内のカプセルホテルに泊りました。
      仙台は、活気もあり、まったく普通と変わらない状態です。

      現地の方も災害に負けずに、確実に、少しづづ復旧にむかっているように感じました。

      最後に、今回一緒にボランティアに参加して頂いた、

      佐世保青年会議所卒業の池田さん
      (明日、結納だそうです。
      マジで!普通結納前に来ないですよね〜明日は結納、頑張ってください!)

      深江町、荒木電器のまこと君(もうすぐ結婚するでしょう!)

      ほんと、ありがとうございました!

      貴重な経験をさせて頂きました!感謝します。

      また機会があったらボランティア行きましょう!

      子どもたちのメッセージを持って
      0
        せっかくボランティアに行くんだから、現地の人たちを少しでも勇気付けたい!

        20年前に普賢岳噴火災害で学校が焼失した大野木場小学校の子どもたちが、被災地の皆様へメッセージを書いてくれました。
        協力をして頂いた校長先生や教頭先生、学校の先生たちに感謝です!



        深江幼稚園でも、かわいい子どもたちが、一所懸命描いてくれました。
        協力してくださった先生たちに感謝です!




        今日、被災地へ必ず届けたいと思います!
        さあ、起きて動きだしますか!

        連休を利用し被災地ボランティアへ
        0


          20年前雲仙普賢岳災害でお世話になったご恩、阪神大震災時のボランティアの自分の人生の中での貴重な経験、

          ニュースがあるたび現地へボランティアへ…行くとなると、まとまった休みが取れるGWしかない!

          家族へ想いを話したら、想いもかけず、それはぜひ頑張ってきて役に立ってきて下さい!想いもよらぬ返答だった!
          正直、家族の想いが同じことに嬉しく感じた!

          一人で行くのは不安なので、呼びかけたら、後輩の荒木くんや、青年会議所時代に同世代で頑張った佐世保の池田さん(現在東京在住)が賛同してくださった!忙しい中に、ほんと感謝です!

          明日、早朝よりレンタカーを借りて宮城へむかいます。

          なかなか、短い日数の作業で役には立たないでしょうが、
          現実を肌で感じ、
          出来ることを、出来る範囲で一所懸命頑張ってきたいと思います。
          支援物資へ想いをのせて・・・
          0
            下記の日程で支援物資を青年会議所が集めているということで、 
            私も家で愛情こめて作ったお米を持っていってもらうことにした。

            子どもたち4人がそれぞれの想いを描いて・・・


            公益社団法人日本青年会議所より物資支援ルートの確保の連絡を受け、各地青年会議所へ支援物資募集の依頼がございました。
            今回、島原市に場所を提供頂き、下記の日程で支援物資の受入れを行います。
             皆様からお預かり致しました支援物資は、26日に島原を出発し、福岡で九州各地から集めた物資と共に28日には被災地に到着する予定となっております。責任をもって青年会議所が被災地に届けますので、市民の皆様のご協力をよろしくお願い致します。
             なお、今回の募集に先立ち、317日に被災地への第一便の配送が完了したとの報告も受けております。
             不明な点がありましたら、島原青年会議所(62-3621)までお願い致します。

            受入れ場所

             北門町集合避難施設(北門町130番地)

            日  時

             ・3月24日(木) 12:00〜19:00
             ・3月25日(金) 12:00〜15:00
            お通夜・生き方
            0
               先輩のお父様がお亡くなりになり、お通夜に参列させて頂きました。

              生前より、あふれんばかりのボランティア精神があられる方で、青年会議所に商工会、ライオンズクラブとボランティア活動はもちろんのこと

              自宅の車庫の2階も自治会の公民館に提供されていたり・・・本当に尊敬してやまない方でした。

              お亡くなりになられる前に、アイバンクの登録をされ、そして・・びっくりしたのは、

              亡骸を大学の研究に役立ててもらうよう遺言をされていたそうです!

              遺体は2年ほど身内の元にも帰ってこないそうです。


              親鸞聖人は、自分の亡骸を海へ葬るよう言われたそうです。魚のえさになるように!生きるために生

              き物から頂いた命を、生き物に帰すように!


              先輩のお父様も、死んでからまで医学の発展のために社会につくされるとは・・正直、これ以上の生

              き方、社会貢献は・・・・

              先輩のお父様に生き方をお教えいただいた時間でした。 
              第2回光志塾
              0

                21日、第2回光志塾が開催されました。 高光りょうすけ先生が、わざわざ時間を作ってくださり熊本より・・・ 本当にありがたいです。
                 
                先生からは、第1回の授業のCDプレゼントとが親御さんにありました。

                早速CD聴かせていただき. ...

                先生だけが話されるのではなく、子供たちのも一緒に参加しての楽しそうな授業の様子が伺え、

                学校も学年も違う子どもたち、最初は恥ずかしがってた子供たちの様子が・・・・・授業を通していくうち

                に自然と・・・最後には自己紹介をきちんとしている

                スピーチを通し、子供たちに感謝や挨拶、時間の大切さと、生きていくうえで大切なものをお教えして

                頂き、本当に感謝すると同時にうれしい限りです。

                聴かれた親御さんたちも感動すると同時に、自分たちも勉強になると話されていました。

                第1回のCDを聴かれた親御さんから、こんなメッセージも頂きました。

                @ 日々お疲れ様です。CD聞きました。楽しく学んでいる光景が浮かびました(^-^)v子供たちに伝えるのは本当に難しいと思いますが今後の更なる成長を期待します。宜しくお願いしますm(__)m

                @あの日は帰宅してからもノリノリで、プリントを私にさせてたので、楽しかったんだろうなあと思ってはいたけど、実際の様子が聞けてよかった。光志塾に行かせてよかった(^^)と思った。これからもよろしくお願いします。

                光志塾、息子も楽しかったらしい。『あの塾ならサッカーと重なっても行く!』などと珍しいことを・・・高光先生と@yokokou に深く感謝いたします。(__)

                理解してくださる親御さんに感謝します。

                うれしいことに、高光りょうすけ先生が、光志塾・第3回、第4回とすでに日程を決めてくださっていました。

                とても忙しく、また遠方なのに、本当にありがたく感謝いたします。

                高光先生に出会あい、出会いの大切さを、先生とのお付き合いや行動でしみじみと感じている今日こ

                のごろです。

                南島原市綱引き大会
                0
                  先週開催された南島原市綱引き大会。

                  第一回から参加している深江幼稚園PTAチームは、
                  お父さん、お母さん混合の、なんとAからEの 5チーム の参加!
                  ざっと50人弱の参加になります。
                  びっくりします。

                  ここ最近は、大会のレベルが上がり勝つことは難しくなり、勝敗は、全く無視の…参加することに意義がある!といった感じですね!

                  PTAの皆さんも、初めて綱引き大会に出られる方がほとんどで、とても楽しんでいらっしゃいました。

                  皆で昼食。
                  綱引きで話は、盛り上がり…
                  ほんとPTA の皆さんの親睦を深められた大会になりました。

                  段取りをしてくださったPTA会長をはじめ役員の皆さん、
                  そして、
                  休日にもかかわらず、時間をつくり参加されたPTAの皆様、先生方、ホントお疲れさまでした。

                  次の日は、皆さん体が痛かっただろうな〜!
                  CALENDAR
                  SMTWTFS
                       12
                  3456789
                  10111213141516
                  17181920212223
                  24252627282930
                  31      
                  << December 2017 >>
                  ENTRY(latest 5)
                  ARCHIVES
                  CATEGORY
                  COMMENT
                  TRACKBACK
                  PROFILE
                  MOBILE
                  qrcode
                  LINK
                  RECOMMEND
                   (JUGEMレビュー »)

                  かなり共感を得ました。
                  ちからと勇気を与えてくれる実話の映画です。
                  RECOMMEND
                  RECOMMEND
                  道をひらく
                  道をひらく (JUGEMレビュー »)
                  松下 幸之助
                  私の尊敬する偉人・
                  そして人生のバイブル
                  無料ブログ作成サービス JUGEM

                  (C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.