事務所浦の川沿いにある芸術品PART1
0

    事務所の浦には大手川という川がある。石積みも自然石で付いてあり、なかなか趣がある。残念なのは、「水の都・島原」でありながら、下水道が整備されていないため、家庭用雑排水が流し込まれているという現実。しかし、やっと市も下水道の整備に取り掛かるそうだ。!

    川沿いを歩く。ふと、なにげなく建っている幾つかの彫刻に出会う。
    島原半島出身の偉大な芸術家・北村西望氏の作品である。
    少し足を止め、眺めていると、いろいろなことが頭をよぎる。
    『平和の女神』
    諫早陸上競技場の一番表に、これと同じ大きな銅像がある。私は、小学校のときによくこの前で記念撮影をし、馬にまたがろうとして叱られたことを思い出す。
    西望氏はどんなことを考え、これを作ったんだろう・・・・
    『西望氏の長崎から平和を発信するという願いが伝わってくる作品であり力強い。あらためて、長崎は平和を発信していくべき使命感があると強く感じてしまった。そして、長崎県人である使命感・・・』
    投資-1
    0

      私の友人が久しぶりに電話を掛けてきた。
      彼は、金融関係に勤め、東京で活躍しており、情報は沢山持っている。
      話の中に、いろいろな、おもしろい情報が見え隠れするが、なかなか出さないのがいかにもプロらしい・・・・。
      話の中で・・・
      私「今、勢いのある国は、ちょっと過熱気味だが、やっぱり中国、インド、でも、中国も来年オリンピックだし・・・今からはベトナムでしょ・・」
      彼「ベトナム、いや〜ドバイ、カザフスタンだよ!」
      私「ドバイ!あのっワールドカップ悲劇のドバイ!」
      彼「そう〜ドバイ」
      私「なんでだよ・・・」
      彼「ベトナム、発音がダサいじゃん!・・ドバイ、名前がいいよ!」
      私「そっそうか・・・基準はそこか・・・」

      早速、「ドバイ」を検索してみた。
      現在、世界の建設クレーンの3割が集結しているほどの建設ラッシュ。
      脱オイルマネーを目標に掲げた政策等、中東のオアシス、世界中から人や資本が集まっているみたいですね。
      ベッカムや、マイケルジャクソンも、別荘をもっているらしい。
      ほ〜やっぱ情報早いな・・・感心してしまった。

      脱オイルマネーを目標に掲げた政策か・・・中東なのに、既存のオイルマネーに甘んじることなく、先を見ての政策がとても素晴らしい。
      私達の地域も『脱地方交付税』の勢いでまちづくりをしていきたいものであります。

      それで、投資するにはどうしたらいいんだろ・・・
      『本物』・・天草四郎
      0
        昨夜「天草四郎」ミュージカルを見に行ってきました。
        やはり、ミュージカルはいいですね。
        出演者の息継ぎや声の強弱といった、まじかで出演者の本気を感じることができ、映画とは違った迫力『本物』を感じることができました。
        いつの間にか自分も「島原の乱」時代に吸い込まれていました。知らぬ間に涙が出てたりとか・・・
        このミュージカルで劇団「わらび座」は何を伝えたかったのか?
        絶対に勝つはずがない「島原の乱」で、多くの犠牲者が出た。
        その戦いを通して天草四郎は農民たちに「生きることの大切さ」を伝えていったように感じます。

        ミーハーの私たちは公演の後「天草四郎」役の碓井涼子さんとパチリ!
        ちなみに碓井さんは、左下の人ではありません。

        本当に、感動する時間を頂きありがとうございました。
        myロボット
        0

          GWだというのに今日は、あいにく雨だ。さぁ子どもたちとロボットでもつくるか!

          小さい頃から、プラモデルなど物を作るのが大好きで、テレビでCMを見た瞬間、「今からはロボットだ」と思い、どうしてもほしくなり注文した。
          ディアゴスティー二の「myROBOT」(最先端のパーツと関節に至るまでの詳しい説明も付いている。)

          注文し、昨年の3月から定期的にパーツが小分けに送ってきている。
          しかし、忙しい・・・時間が取れない。
          定期的に送ってくるパーツがたまるばかり。
          まっ25刊くらいだろうと思い、すべて届いてからつくろうと思ったが、まだまだ配達されてくる。今40箱くらい溜まっている。
          いい加減、電話で問い合わせてみた。「現在60刊位までの予定です。」という、回答だった。・・・位・・予定って・・なんでだ。

          あ〜今日も他のことをしてしまった。

          なんとなく、ロボットが寂しそうである。・・・
          「道」
          0
            友人・井上琢也 書
            書を紹介いたします。
            自社の事務所を立てた時、友人・井上琢也氏(南島原市有家町在住)から頂いた書である。
            彼は市役所に勤めていたが、市役所を止め、現在、書道という腕一本で生計を立てている。そこに、書に掛ける「本気」が伝わってくる。
            個展なども開いており、将来、絶対に有名なる人材である。
            私は「道」という字が大好きで、この書は私の一生の宝物である。

            自分には自分に与えられた道がある。自分だけしか歩めない大事な道、
            かけがえのないこの道、苦しいことも、楽しいこともあるかもしれない。
            この道を、どう耕していくか楽しみである。
            どうせなら、楽しみながら、一生懸命、一歩、一歩、歩んでいきたいと思う日々である。
            CALENDAR
            SMTWTFS
             123456
            78910111213
            14151617181920
            21222324252627
            28293031   
            << October 2018 >>
            ENTRY(latest 5)
            ARCHIVES
            CATEGORY
            COMMENT
            TRACKBACK
            PROFILE
            MOBILE
            qrcode
            LINK
            RECOMMEND
             (JUGEMレビュー »)

            かなり共感を得ました。
            ちからと勇気を与えてくれる実話の映画です。
            RECOMMEND
            RECOMMEND
            道をひらく
            道をひらく (JUGEMレビュー »)
            松下 幸之助
            私の尊敬する偉人・
            そして人生のバイブル
            無料ブログ作成サービス JUGEM

            (C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.